×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

レギンスの効果

レギンスは、以前はスパッツとして流行していました。今ではキッズの間でも流行っているレギンス。レギンスは、オールシーズンを通して使われるオシャレのアイテムの1つです。今や大流行になっているレギンスは、ワンピース、ミニスカート、パンツといろいろな服装にコーディネートでき、ファッションの主流になってきています。また、美脚ブームのアイテムとしても目されているレギンス。より脚を細く・美しく見せるアイテムとして女性には欠かせません。特にラメ入りのレギンスは、レフ効果で脚の正面は高く、脚の側面が影になって見え、レギンスによって脚が立体的に引き締まっているように見えます。また、ミニスカートとのコーディネートは、レギンスで脚を細く長く見せるスタイルにはベストマッチな組み合わせです。

デニムレギンス

デニムレギンスとスキニーデニムって似ていませんか?デニムレギンスは、近くでじっくり見ないとジーンズに見えます。違いといえば、デニムレギンスはストレッチが効いているので履き心地とても楽ちんで快適さが抜群です。普通のスキニーデニムのシルエットはとても可愛いけど、やっぱりどこか窮屈・履いてみたいけど体型的に私には絶対無理…と思っている方にはまさにデニムレギンスがお勧めです。

ウエストはゴムタイプなので伸縮性があり、キツイ締め付けもなく安心です。長めの丈のデニムレギンスは、スキニーデニムを思わせます。また、横にステッチが入っているタイプは、さらにデニムっぽく見えます。裾を巻き上げて履けるので、その日の気分で違う雰囲気を楽しめ、コーディネートの幅が広がります。一枚あるだけでお助けアイテムになるデニムレギンス。チュニックやワンピースとのコーディネートスタイルが◎。一着は欲しいデニムレギンスは、絶対買いアイテムの1つです。

レギンスのミニ知識

レギンスは、足にぴったりフィットするタイツと似ているアイテムです。レギンスは、パリやミラノのファッションショーで取り入れられたり、西海岸のアメリカのギャル達が着こなしているのが伝わり、今の流行につながったようです。レギンスとは、もともと欧米の下着から発展した衣料で、日本では「スパッツ」の名前と知られて来ました。

レギンスは、使い道の多いアイテムであるのが魅力です。レギンスをスカート・ワンピースにコーディネートすることで、モード感やカジュアルなオシャレなどいろいろと楽しむことができます。レギンスは、ズボンでも靴下でもなく、ストッキングやタイツのようなレッグウェアでもありません。それゆえ、一見どう使ってよいのか悩んでしまいそうなアイテムですが、非常にコーディネートしやすく何にでも合ってしまいます。レギンスでスタンダードと言えば、七分丈ではなく十分丈のレギンスです。この十分丈のレギンスにヒールのないシューズを合わせれば、足首美人になりますよ。